宮城・女川の「鮮冷」、惣菜・冷凍品で販路開拓 水産2社設立

2020/2/19 18:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城県女川町にある水産加工会社の鮮冷(せんれい)が、独自の加工技術を生かした商品開発に力を入れている。同社は東日本大震災後に競合する2社が立ち上げた。鮮魚の冷凍加工品や常温保存できる総菜商品などを国内外の取引先に販売している。震災以降、売り上げの回復が遅れている水産加工業では不漁や人材不足も深刻化しており、新会社で新たな販路の開拓に挑む。

鮮冷は女川町の水産加工会社2社が2013年に共同出資で設…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]