野党、首相答弁の矛盾追及 「桜を見る会」夕食会巡り

2020/2/19 23:00
保存
共有
印刷
その他

衆院予算委(19日午後)=共同

衆院予算委(19日午後)=共同

立憲民主党などの共同会派と共産党は19日の衆院予算委員会で、首相主催の「桜を見る会」前日の夕食会をめぐる17日の安倍晋三首相の答弁内容と、立民へのホテル側の回答が矛盾しているとして追及を続けた。共同会派で無所属の山井和則氏は「虚偽答弁ではないか」と批判した。

菅義偉官房長官は「首相が答弁した内容はホテル側に確認をとって答えたものだ」と答えた。首相は19日、立民などの指摘について問われ「国会ですでに答弁したとおりだ」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

夕食会を巡っては立民の辻元清美氏が17日の衆院予算委で、会場だったANAインターコンチネンタルホテル東京から見積書や請求明細書を主催者に発行しないケースはないなどとする回答をメールで受け取ったと主張した。首相のこれまでの答弁と食い違うと指摘する。同ホテルは2013、14、16年の夕食会の会場だった。

領収書の発行についても、ホテルは辻元氏に「宛名空欄では発行しない」と回答した。首相は領収書の宛名が空白だったり、「上様」だったりした可能性に言及し、代金も「参加者個人がホテルに支払った」と答弁している。

首相は辻元氏の指摘を踏まえ、首相の事務所がホテル側に電話で確認したうえで「(立民には)あくまで一般論で答えたもので、個別の案件は営業の秘密に関わるため、回答には含まれていないとのことだった」と答弁していた。

立民などはこの答弁のなかで「営業の秘密に関わるため」との部分はホテル側の回答になく、首相が付け加えたのではないかと問題視する。

共同会派で無所属の小川淳也氏は19日の衆院予算委で、17日の首相答弁に関し「ホテル側から『営業の秘密に関わる』との発言があったか」と質問した。山井氏も「真実は一つだ。ホテルが言っていないことを言うのは虚偽答弁ではないか。虚偽なら大きな責任になる」と強調した。

菅氏は首相と首相の事務所に改めて確認したと明らかにしたうえで「17日の首相の答弁内容はすべてホテル側に確認をとったうえで答えたものだ。首相が答弁したことが正しい」と答えた。

与党側は18日に改めて首相秘書から事実関係を聴取した。秘書はホテル側が当時「あくまで一般論で答えたもので、個別の案件は回答に含まれていない」と説明していたと話した。

立民などは自民党内からANAインターコンチネンタルホテル東京について「もう利用しない」などの声が出ているとされる問題も批判する。18日にホテル関係者が自民党本部を訪れたとされることでも、山井氏は「暗黙の圧力ではないか」と述べた。

自民党の森山裕国会対策委員長は記者団に「圧力と受け止められないよう気をつけることが大事だ」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]