/

この記事は会員限定です

「グレーゾーン」が生む才能 動画サイト、規制手探り

ネット動画のリアル(3)

(更新) [有料会員限定]

「首里城を燃やしたのは僕です」。トレーナー姿の若い男がカメラを見つめながら神妙につぶやいた。タバコの火が周囲の草木に燃え移ったと説明し、「申し訳ございません」と謝罪する――。もちろんデマだ。

2019年10月末。那覇市の世界遺産、首里城の火災が伝えられると、その直後からユーチューブでは「自分が放火した」と"告白"する動画の投稿が相次いだ。動画サイト上のこうしたいたずらは、今に始まったことではない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1943文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ネット動画のリアル

ユーチューブ、ニコニコ動画、そしてティックトック。誰もが投稿でき、無料で楽しめるネット動画は、私たちにすっかり身近なものとなった。そこから出てきた新しい表現者やスター、斬新なコンテンツは文化の世界の古い常識を揺さぶり、人々の感受性にも影響を与え始めている。ネット動画はカルチャーシーンに何をもたらし、そしてどんな課題を突きつけるのか。現場を歩きながら考えた。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン