フリーランス、ネット受注で「トラブル経験」過半

2020/2/19 15:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本労働組合総連合会(連合)はインターネットで仕事を受注しているフリーランスを対象にした調査をまとめた。報酬などを巡って「トラブルになった経験がある」と答えた人の割合は50.6%だった。トラブルの内訳としては「不当に低い報酬額の決定」(24.9%)、「納期や技術的に無理な注文」(24.1%)、「報酬の支払いの遅延」(20.9%)と続いた。

連合が1月22~24日にかけてインターネット調査会社のネ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]