/

青森のリンゴ栽培「もりやま園」、経営コンクールで最高賞

リンゴ栽培のもりやま園(青森県弘前市)の森山聡彦社長は全国農業協同組合中央会などが主催する「第21回全国果樹技術・経営コンクール」で最高賞の農林水産大臣賞を受賞した。同コンクールは先進的な果樹経営に取り組む農業者を表彰する。

授賞理由は、栽培管理の効率化のため、果樹専用の生産管理アプリケーションを開発し、作業時間の適切な管理に努めていること。また、リンゴ栽培で発生する摘果リンゴを活用しシードルを生産。「ジャパンシードルアワード2019」で最高賞を受賞するなど加工部門にも積極的に取り組んでいることも評価された。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン