島根知事と松江市長、少人数教育巡り「不協和音」

2020/2/19 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

島根県が2020年度予算案の柱に位置付けた子育て支援策を巡り、県内の自治体と一時、対立した。県が財源確保のために小中学校での少人数学級見直しを打ち出したことに、松江市などが当初反発したのだ。昨年就任した丸山達也知事と一部の市長との不協和音が浮き彫りになった。

「私の主張が取り入れられなかったのは非常に残念。しかし、県が決める話なので受け入れざるをえない」。松江市の松浦正敬市長は、14日の知事と市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]