/

この記事は会員限定です

次世代モーター、空を飛ぶ 元プリウス開発者の狙い

[有料会員限定]
日経クロステック

2021年4月に、「空飛ぶクルマ」用モーターを開発する拠点が秋田県で誕生する。旗振り役は、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」のモーターを開発し、「自動車電動化の父」とも呼ばれる元同社技術者の嵯峨宏英氏(GGプロジェクトサポート=愛知県豊田市の社長)だ。

世界有数のコイル開発技術を持つ自動車部品メーカーのアスター(秋田県横手市)や、IHIの航空技術者らも参加する。「世界の競合企業と戦えるモーターを生み出したい」(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1362文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン