千葉県の市原湖畔美術館、里山で楽しむ現代アート
ぐるっと首都圏

2020/2/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

房総半島の中央に広がる里山の豊かな自然。ダム湖の高滝湖のすぐそばにたたずむのが、市原湖畔美術館(千葉県市原市)だ。年に4回入れ替える多様な展示やワークショップを通じて現代アートを幅広く発信するとともに、市南部で3年に1度開かれる芸術祭「いちはらアート×ミックス」の中核施設としての役割も果たしている。

前身は1995年、市が収蔵作品を展示する美術館として開館した美術館「市原市水と彫刻の丘」だ。20…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]