新型肺炎「複数国で日本から出張拒否」日本貿易会会長

働き方改革
2020/2/19 12:00
保存
共有
印刷
その他

記者会見する日本貿易会の中村邦晴会長(19日、東京都内のホテル)

記者会見する日本貿易会の中村邦晴会長(19日、東京都内のホテル)

日本貿易会の中村邦晴会長(住友商事会長)は19日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に関連し、「インドなど中国以外の複数国で、現地のパートナー企業に日本からの出張を拒否される例が出てきた。改めて影響の深さを感じている」と懸念を表明した。

アジア全体でスマートフォン向けなどの電子部品や自動車部品、機械類のサプライチェーン(供給網)が滞っていると指摘した。精密部品など中国以外からの代替調達が困難な部品もあるとして、日本の製造業に与える影響を懸念した。新型肺炎が「経済活動に暗い影を落としている」と話した。

国内では在宅勤務などのテレワークや遠隔会議を奨励する企業が増えていることにふれ、「災い転じて福となすではないが、IT(情報技術)を活用した働き方改革を実践するいい機会でもある」との見解も示した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]