トランプ氏、「ジャンク債の帝王」に恩赦

2020/2/19 7:04
保存
共有
印刷
その他

トランプ米大統領は元側近に恩赦は考えていないと語った=AP

トランプ米大統領は元側近に恩赦は考えていないと語った=AP

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は18日、1980年代に「ジャンク債の帝王」の異名を誇ったマイケル・ミルケン氏ら7人の恩赦を発表した。米メディアによると、これまでに政権内でトランプ氏の娘婿クシュナー上級顧問やムニューシン財務長官がミルケン氏を恩赦すべきだとの考えを示していた。

ミルケン氏は80年代に低格付け債券の取引で巨大な富を築いたが、その後に米証券取引法違反などの罪で起訴されて有罪判決を受けていた。

これとは別にトランプ氏はロッド・ブラゴジェビッチ元イリノイ州知事ら4人を減刑するとも明らかにした。民主党のブラゴジェビッチ氏は2008年の大統領選に勝利した同州選出のオバマ上院議員の後継指名をめぐる汚職事件に関与した。

トランプ氏がこのタイミングで敵対する民主党の元知事を減刑したのは、16年の大統領選の元側近ロジャー・ストーン被告に有罪判決が下された場合に恩赦するための布石との観測がある。元知事も減刑し、ストーン被告の恩赦に対する批判を和らげる思惑があるとの見方だ。

トランプ氏は18日、ワシントン郊外で記者団に元知事について「よく知らないけどとても良い人のように見える」と語った。ストーン被告の恩赦をめぐっては「考えていない」と述べた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]