/

この記事は会員限定です

有望ベンチャーをAIで発掘 ファンド大手ツーシグマ

日本企業と提携模索

[有料会員限定]

ヘッジファンドで世界のトップ5に入るツーシグマ・インベストメンツは人工知能(AI)を使ってPE(未公開株)やベンチャーキャピタル(VC)投資を拡大する。創業者のデビッド・シーゲル共同会長が明らかにした。ファンドマネジャーの目利きで投資先を選んできた分野でテクノロジーを活用する。日本企業との提携も模索する意向も示した。

 デビッド・シーゲル氏(David Siegel) アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏とクオンツ系ヘッジファンドのDEショーで机を並べていた仲だ。ツーシグマはアマゾンに勤務していたジョン・オーバーデック氏と2001年に創業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン