/

この記事は会員限定です

公明憲法調査会、1年10カ月ぶり再開へ 自民案は対象外

慎重姿勢一段と

[有料会員限定]

公明党は3月にも党の憲法調査会を開き、憲法改正をめぐる党内論議を1年10カ月ぶりに再開する。野党が求める国民投票時のCM規制について党の考えをまとめるのが目的で、9条への自衛隊明記などを柱とする自民党の改憲案は議題としない。自民党はCM規制をめぐる公明党内の調整に時間がかかれば、具体的な改憲論議も始めにくくなるとみる。

山口那津男代表は18日の記者会見で「野党側からも問題提起があるなか、党としての...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン