/

メルカリが在宅勤務、新型肺炎受け ピクスタも

メルカリは18日、在宅勤務を実施すると発表した。新型コロナウイルスによる肺炎が国内で拡大していることを受けて対応した。東京で勤務する従業員を対象にし、地方の拠点では時差通勤を推奨する。写真素材販売のピクスタも同日、契約社員やアルバイトを含めた全従業員を対象に在宅勤務を始めた。

メルカリは約1800人のほとんどを19日から原則在宅勤務とする。期間は28日までで、それ以降について状況を踏まえて決める。仙台、大阪、福岡の拠点では時差通勤を推奨し、上長の判断では在宅勤務を可能とする。

採用面接や社内外の会議は原則オンラインで実施する。メルカリが主催するイベントはオンラインで開催し、業務上の他社主催のイベントも参加を原則禁止する。

20日に開催するメルカリのフリマアプリの事業戦略発表会について、取引先企業の招待を中止した。オンラインで対応する。19日に東京大学と開催予定だった共同研究に関するシンポジウムの延期も決めた。

ピクスタは取締役を除いた正社員、契約社員、アルバイトの135人を対象に18日から在宅勤務を実施した。18日は初日だったため、業務上やむをえず30人ほどが出社したという。15日の厚生労働省の発表を受けて決めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン