感染症を助長する情報統制 中国発情報、一歩先を読め
上級論説委員 飯野 克彦

飯野 克彦
中外時評
編集委員
2020/2/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「初期の段階で中国政府がもっとオープンだったら、事態はより良くなっていただろう」。2002年から03年にかけ中国発で重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した際、当時のグロ・ハーレム・ブルントラント世界保健機関(WHO)事務局長は中国政府の情報公開の遅れを公然と非難したことがある。

国際機関のトップが加盟国を名指しで批判するのは異例である。それほどに、SARSに関する情報の発信に当時の中国共産党…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]