欧州新車販売、1月7.6%減 5カ月ぶりマイナス

2020/2/18 18:26
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=深尾幸生】欧州自動車工業会(ACEA)が18日に発表した2020年1月の欧州主要18カ国の新車販売台数(乗用車)は前年同月比7.6%減の102万5939台だった。5カ月ぶりに前年実績を下回った。1月に部分導入された欧州連合(EU)の新しい二酸化炭素(CO2)排出規制を前に、19年12月に駆け込み販売があったことの反動が出た。

2020年の欧州新車販売は大幅減で始まった=ロイター

国別では最大市場のドイツが7.3%減の24万6300台、フランスは13.4%減の13万4229台だった。1月末にEUを離脱した英国は7.3%減だった。

メーカーグループ別ではシェア首位の独フォルクスワーゲン(VW)の販売台数が0.6%減と業界平均を上回った。傘下の独アウディと独ポルシェが好調でVWグループのシェアは1.8ポイント上昇し25.5%だった。

2位の仏グループPSAの台数は12.8%減。シェアは1.0ポイント低下し16.5%だった。販売台数3位は仏ルノー(15.0%減)、4位に独BMW(3.4%増)と続いた。

日本勢では、トヨタ自動車が6.0%増で上位10社で最も増加率が大きかった。シェアは0.7ポイント上がり5.8%だった。日産自動車の販売台数は0.3%減、マツダは26.4%減、ホンダは21.5%減だった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]