/

映えスポ 土塔

(堺市)

泉北高速鉄道の深井駅からバスで2駅。郊外の住宅街に、瓦ぶきのピラミッドのような建造物が唐突に現れる。奈良時代の僧、行基が建立したとされる大野寺の仏塔である。土を盛り上げてつくったので「土塔」(どとう)と呼ばれる。一辺は約53メートル、高さは約9メートルで13層だったとされ、2009年に復元された。木造の五重塔はよく知られるが、「日本で土塔と似ているのは奈良市の頭塔(ずとう)くらい」(堺市文化財課)という珍しさだ。

(塩田宏之)

「NIKKEI関西」インスタグラムでも https://www.instagram.com/nikkeikansai/?n_cid=SNSIG003

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン