アジア、国内感染の防止に躍起 経路公表や接触者検疫

2020/2/18 18:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【シンガポール=中野貴司、ソウル=細川幸太郎】新型コロナウイルスによる肺炎をめぐり、アジア各国・地域が人から人への国内感染の拡大防止に躍起になっている。シンガポールや香港では国内感染が40人規模に達した。各国の政府は感染者の行動履歴の公表や村の閉鎖など厳格な措置に踏み切るが、感染経路を特定できない事例もある。アジア各国も新型肺炎の封じ込めに苦慮している姿が浮かぶ。

アジア各国の感染拡大の防止策に…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]