日産の西川・山内氏、完全退任

2020/2/18 16:52
保存
共有
印刷
その他

日産自動車は18日、臨時株主総会を開き、西川広人前社長兼最高経営責任者(CEO)と山内康裕前最高執行責任者(COO)が取締役を退いた。日産は今年1月に相談役・顧問制度を廃止する方針を明らかにしており、西川、山内の両氏は日産から完全に離れる。

西川氏は自身の報酬問題などで2019年9月に辞任するまで、社長兼CEOとして日産の経営を率いた。山内氏はCOOとして西川氏の体制を支え、西川氏の辞任後は内田誠社長兼CEOが同12月に就任するまで、暫定的に社長兼CEOを代行していた。

18日の臨時株主総会で内田氏ら4人が新たに取締役に選任されたのに伴い、西川、山内の両氏は取締役を退任し、新たな役職にも就かない。前体制の首脳が完全に退くことで、内田氏ら現経営陣への世代交代を進める姿勢を明確にする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]