病毒戦の湖北から香港まで、習近平派が増殖
編集委員 中沢克二

習政権ウオッチ
中沢 克二
コラム(国際)
編集委員
2020/2/19 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の国会に相当する全国人民代表大会(全人代)を延期せざるをえないような国家的危機の中、新型コロナウイルスと戦う最前線である湖北省のトップが解任され、新たに上海市長だった応勇(63)が任命された。

「北京、上海、重慶という3直轄市のトップに加え、中部の要衝である湖北省のトップまで(習近平派の核である浙江閥を意味する)『之江新軍』で占められた。国家的な危機にあっても表面上、『習派』は強い」。非常時…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]