広島知事、日本製鉄に計画見直し要請 呉製鉄所閉鎖で

2020/2/18 14:55
保存
共有
印刷
その他

呉製鉄所閉鎖の対応について説明する湯崎広島県知事

呉製鉄所閉鎖の対応について説明する湯崎広島県知事

日本製鉄が呉製鉄所(広島県呉市)の2023年9月をメドとした閉鎖を決めたことについて、広島県の湯崎英彦知事は18日の記者会見で、同社に存続を含めた計画の見直しを求めたことを明らかにした。

湯崎知事は17日に呉市の新原芳明市長とともに都内で日鉄の右田彰雄副社長と会い、閉鎖の理由や雇用について説明を受けた。右田副社長は「歴史的にも崖っぷちの経営状況で、(閉鎖の)判断に至った」と説明。地域経済や雇用への配慮では「協力会社には、日鉄の他地域の事業所との取引を紹介していく」との言及があったという。

また、湯崎知事は麻生太郎財務相や梶山弘志経産相、稲津久厚生労働副大臣と会い、地域経済への影響を最小限にとどめるための支援を求めた。

県や呉市などの関係機関は製鉄所関係者向けに相談窓口を設けているが、県の窓口には人手確保に悩む企業から「製鉄所の従業員を雇用したい」との申し出がきているという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]