[FT]欧州、細分化する政治 脱・密室取引で信頼回復も

フィリップ・スティーブンズ
FT
FT commentators
2020/2/19 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州の政治が根底から変わろうとしている。各国の民主主義を形作ってきた二大政党制が終わりを迎えつつあるのだ。従来の政治の枠組みは、連立政権をつくる場合でも中道右派と中道左派のいずれかに収まってきた。しかし近年、有権者の志向が細分化したことで、この枠組みを超えた連携が必要になっている。かつて政党間の取引は密室でされてきたが、今後は衆目にさらされるなかで交渉せざるを得なくなっている。政界の指導者たちは…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

フィリップ・スティーブンズ

FT commentators

チーフ・ポリティカル・コメンテーター

Philip Stephens 英国生まれ。FTで経済担当エディター、政治担当エディター、FT英国版編集長などを経て、チーフ・ポリティカル・コメンテーターに。英国および世界情勢に関する論評を執筆している。著書に「Tony Blair: The Price of Leadership」(2004年)などがある。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]