/

茂木外相、習主席来日「現時点で予定通り」

茂木敏充外相は18日の閣議後の記者会見で、中国が3月5日開幕予定だった全国人民代表大会(全人代)を延期する見通しであるのに関し、4月の習近平(シー・ジンピン)国家主席の来日に向けて予定通り準備を進める考えを示した。「中国の動向は注視しているが、現時点では習主席の訪日は予定通りだ。準備を粛々と進めていきたい」と述べた。

茂木氏は15日にドイツ・ミュンヘンで中国の王毅(ワン・イー)外相と会談し、習氏来日に向けた準備継続で一致している。中国の習指導部は新型コロナウイルスの感染拡大の封じ込めを優先している。全人代が延期になれば外交日程にも影響が出る可能性がある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン