無償で鉄柱撤去の業者表彰 ゴルフ練習場、台風で倒壊

2020/2/18 9:40
保存
共有
印刷
その他

千葉県市原市は17日、昨年9月の台風15号で倒壊したゴルフ練習場の鉄柱を無償で撤去したとして、東京都江戸川区の解体会社フジムラを表彰した。市役所で小出譲治市長が、表彰状が入った盾をフジムラの藤村一人会長兼社長に手渡した。

台風15号の影響で倒れたゴルフ練習場の鉄柱の撤去作業(2019年10月、千葉県市原市)=共同

表彰後、2人は取材に応じ、藤村氏は「撤去開始までのプロセスが難しかったが、現場を経験し、会社としても自信がついた。住民に早く元の生活に戻ってもらうことを願うばかりだ」と語った。小出氏は「行政がどこまで介入していいか迷いがある中、ありがたい申し入れだった」と謝意を示した。

昨年9月9日、「市原ゴルフガーデン」の高さ30~40メートルの鉄柱13本が倒れ、下敷きになった周辺の住宅二十数棟が損壊、けが人も出た。フジムラは直後に鉄柱を無償で撤去すると申し出て、昨年10月下旬、全世帯の住民から合意を得て撤去作業を開始。約2週間で完了させた。

ゴルフ練習場の運営側は土地を売却して住民補償に充てる方針を示した。ゴルフ練習場の解体工事はフジムラが有償で請け負っている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]