日経平均4日続落、終値329円安の2万3193円

2020/2/18 9:11 (2020/2/18 15:34更新)
保存
共有
印刷
その他

18日の東京株式市場で日経平均株価は4日続落した。前日比329円44銭(1.40%)安の2万3193円80銭で終え、2月4日以来2週間ぶりの安値を付けた。米アップルが新型肺炎の影響で1~3月期の売り上げが予想に届かないとの見通しを発表し、新型肺炎の感染拡大が世界の企業業績を下押しするとの見方が広がった。スマートフォンの生産が滞れば業績に悪影響が出るとして、村田製TDKなどアップル関連とされる電子部品株に加え、東エレクアドテストなどの半導体株に売りが膨らみ、相場全体を押し下げた。

朝方から軟調さが目立った日経平均は徐々に下げ幅を広げた。新型肺炎に関する新たな不安材料が出たことで、トレンド追随型の海外ヘッジファンドなど短期筋が売りを出した。17日の米株式市場はプレジデントデーの祝日で休場で、「取引参加者が比較的少なかっただけに、短期筋の売りが株価下落に拍車をかけた」(外資系証券トレーダー)という。

日本時間18日昼ごろの米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の時間外取引で米株価指数先物が下げ幅を広げると投資家心理が一段と冷え込み、日経平均は389円安まで下落する場面があった。心理的節目である2万3000円が近づくなか、売り一巡後は個人投資家など国内勢による押し目買いが入り、大引けにかけては下げ幅を縮小した。

JPX日経インデックス400は7日続落。終値は前日比190.31ポイント(1.26%)安の1万4954.26だった。東証株価指数(TOPIX)も7日続落し、22.06ポイント(1.31%)安の1665.71で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆1244億円。売買高は11億5325万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1865と、全体の86.3%を占めた。値上がりは248、変わらずは47銘柄だった。

ソフトバンクGファナックKDDIなど値がさ株の一角が安い。SMCやキーエンスクボタの下げも目立った。積ハウス大和ハウスが下落し、花王ユニチャームが売られた。一方、塩野義が高い。ホンダファストリの上げが目立った。ダイキン富士フイルム菱地所が買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]