ボンバルディア、負債縮小に奔走 鉄道事業を仏大手に売却

2020/2/18 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=高橋そら】カナダのボンバルディアが主力の鉄道関連事業の売却に踏み切ったのは、新型機の開発遅れなどで抱えた多額の負債の返済期限が迫っているためだ。これまでも主力小型機「CRJ」事業の三菱重工への売却を決めたほか、欧州エアバスとの合弁事業からも手を引いた。売却益を得て財務を改善し、残るビジネスジェット事業に経営資源を集中させる。

ボンバルは17日、鉄道関連事業を仏鉄道大手アルストムに…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]