/

Apple「売上高予想が未達に」 新型肺炎で1~3月

新型肺炎の感染拡大が「iPhone」の生産に影響している

【シリコンバレー=佐藤浩実】米アップルは17日、1~3月期に630億~670億ドル(約6兆9千億~7兆4千億円)としていた売上高予想について「達成できない見込みだ」と発表した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が、主力のスマートフォン「iPhone」の生産に響き、供給面で課題となっているため。アップルは多くの部品メーカーを抱えており、影響が広がる懸念もある。

従来の1~3月期の売上高予想は前年同期比で9~15%増の水準だった。アップルは収益予想が未達となる理由として(1)iPhoneの供給が一時的に制限される(2)中国で製品需要が影響を受けている――の2点を挙げた。アップルは新型肺炎の影響の全容が見通せないことから、新たな業績予想の公表は控えた。今後も世界でこうした業績予想の見直しが相次ぐ可能性がある。

アップルによれば、iPhoneの生産委託工場はすべて湖北省以外の場所にあり、操業は再開しているという。ただ「我々が予想していたよりも、ゆっくりと生産量を増やしている」と指摘。これにより、世界各地に出荷するiPhoneで供給不足が起こり「世界の収益に一時的に影響する」という。

中国の多くの店舗が閉鎖したり、営業時間を短縮したりしていることも響く。「(店への)客の出入りが非常に少なくなっている」状況で、「中国以外の地域では、製品やサービスへの需要は期待に沿ったものになっている」と説明した。

新型肺炎の問題が起きるまではアップルは好調を維持していた。2019年10~12月期は売上高が前年同期比9%増の918億1900万ドル、純利益が11%増の222億3600万ドルだった。カメラ機能の強化で「iPhone」が5四半期ぶりの増収となり、売上高・純利益ともに過去最高を更新した。

アップルは1月末に業績予想を公表した時点でも新型肺炎の影響を一定程度、織り込んでいた。中国の春節(旧正月)明けの工場操業の遅れなどを見越して「通常よりも広い幅で売上高の予想を出した」(ティム・クック最高経営責任者=CEO)とし、慎重に見積もっていたとみられる。

今回の発表は、その時点よりも影響が深刻になったためだが、アップルは17日の声明で「混乱は一時的なものだ」と強調した。ただ、新型肺炎をめぐる状況は日々変化しており、アップルは4月下旬に予定する1~3月期の決算発表の際に詳細を説明するとしている。

国内外の編集者が執筆するニューズレターを平日毎日配信しています。「世界のいま」がつかめ、ビジネスや就活に役立ちます。登録はこちら(電子版有料会員限定)。https://regist.nikkei.com/ds/setup/briefing.do?me=S001&n_cid=BREFT038

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン