24区の災害対応維持 大阪都構想、府・市が検討

2020/2/18 6:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪市を廃止して特別区を設置する「大阪都構想」が実現し、4特別区に移行した場合、大阪府・市が現在の24区ごとの災害対応を維持する方向で検討していることが17日、関係者への取材で分かった。文化施設や公園施設で、市民対象の優遇措置も継続する方針も判明。制度設計を議論する法定協議会(法定協)の26日の会合で示す。

現行の24区は市の地域防災計画を基にそれぞれ個別の計画を策定し、災害時は区長をトップとす…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]