/

この記事は会員限定です

ユニクロ「無駄ゼロ」道半ば 在庫過多の流れ続く

ビッグBiz解剖(上)

[有料会員限定]

ファーストリテイリングが成長の壁と格闘している。柳井正会長兼社長がデジタル技術を生かした次世代アパレル企業に変身すると宣言したのが2017年。生産や販売に関する取り組みを変え、業界特有の天候に左右されるモデルからの脱却も目指しているが、3年たった今も「次のファストリ」は道半ばだ。海外での店舗拡大も政治や感染症の拡大というリスクに直面し、柳井氏の後継となる幹部人材の育成は思うように進んでいない。

洋服が山積みされ、値下げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1822文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン