/

冒険の森、福岡・久山町に屋内型のアスレチック施設

木をふんだんに使った施設にする(イメージ)

森を生かしたレジャー施設を運営する冒険の森(大阪府能勢町)は29日、福岡県久山町の商業施設に、屋内型のアスレチック施設を開業する。同社が九州で同様の施設を開設するのは初めて。木をふんだんに使い、天候に左右されず遊べる利点を生かして親子連れを取り込む。

冒険の森が福岡県久山町に設ける屋内型施設の全体イメージ

「Adventure Park BOUKEN トリアス店」の名前で、商業施設トリアス内に開設する。利用料金は600円(大人、子ども同額)。木の遊具を使って親子で遊べる「木育」コーナーなどがある。ほかに柱の間にワイヤを張って滑空するジップラインなど、専用のハーネス(安全装具)をつけて地上4メートルでアスレチック体験ができるエリア(1周500円)もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン