[社説]日本経済は予断を許さぬ局面を迎えた

2020/2/17 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

内閣府が発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比1.6%減り、年率換算では6.3%減少した。昨年10月の消費税率引き上げに加え、天候不順が個人消費や住宅投資を冷やしたためだ。

落ち込みは大きいが、5四半期ぶりのマイナス成長は想定内だ。懸案はここから先である。

20年1~3月期に成長軌道に復帰するという当初のシナリオは、中国発の新型肺炎の…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]