JR東、不動産ファンド立ち上げ

2020/2/17 18:30
保存
共有
印刷
その他

JR東日本グループは17日、約50億円の私募ファンドを立ち上げ、ファンドを通じて不動産物件の取得を始めると発表した。みずほフィナンシャルグループと連携した。同社が不動産ファンド事業に参入するのは初めて。駅近くのホテルや商業施設の取得を目指す。ファンドを通じて取得することで、物件の種類や地域が広がるとみる。今後5年で数百億円までファンドの規模を拡大したい考えだ。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]