防衛関連企業の機密保護、入札・契約に死角 相次ぐサイバー攻撃

2020/2/18 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

防衛省と装備品などの取引がある企業へのサイバー攻撃が相次ぎ発覚している。現時点で防衛機密の流出はないとされるが、三菱電機から漏れた可能性がある情報には機密内容を推測される恐れがある「注意情報」が含まれていた。防衛省は入札や契約の際、企業と情報保護に関する誓約書を交わしている。罰則はなく、すべての関連企業を監視する体制は整っていない。

2020年に入り、三菱電機やNEC、神戸製鋼所、航空測量大手パ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]