/

首相「増税の反動減も影響」 GDP速報値

衆院予算委で答弁する安倍首相(17日)

安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、低調だった2019年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値について「主に個人消費が、消費税率引き上げに伴う一定程度の反動減に加え、台風や暖冬の影響を受けた」との認識を示した。

増税前の駆け込み需要とその後の反動減は14年の消費税増税時ほど大きくないとの見方を表明した。「引き続き消費税率引き上げによる影響や、新型コロナウイルス感染症が経済に与える影響をしっかりと見極めていく」とも語った。

立憲民主党などでつくる野党共同会派に所属する無所属の馬淵澄夫氏への答弁。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン