/

れいわ新選組、衆院選1次公認を発表

れいわ新選組は17日、次期衆院選の第1次公認13人のうち、首都圏で出馬予定の7人を発表した。残りの候補者は各地域で順次発表する。次期衆院選で100~131人の公認候補を擁立する方針で、全国で11ある比例代表ブロックごとに擁立目標を掲げる。山本太郎代表は記者会見で「野党の中で一定の影響力を握るため2ケタに議席を乗せたい」と語った。

立憲民主党などとの選挙協力に向け、消費税率の5%への引き下げを共通政策にすえるよう求めた。結論時期が遅くなれば候補者調整は難しくなるとの認識も示した。

公認候補は次の通り。(「元」は元職。表記なしは新人。敬称略)

【埼玉】2区 田島剛

【千葉】8区 太田和美(元)▽9区 三井義文

【東京】2区 北村造▽8区 辻村千尋▽10区 渡辺照子▽22区 櫛渕万里(元)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません