/

この記事は会員限定です

ハード狙った攻撃防げ 悪意のチップ検出技術

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」機器を標的にしたサイバー攻撃を防ぐ技術開発が国内で進んでいる。素子や回路基板に仕込まれた「スパイチップ」を検知したり、悪意を持った人間による監視カメラなどへの物理的な攻撃に対処したりする。サイバーセキュリティーの盲点となりがちなハードウエア攻撃の無効化を狙っている。

コンピューターや通信機器内のICの裏側や回路基板に悪意を持って取り付けた微小な通信チップなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1499文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

「日経産業新聞」をお手元のデバイスで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できるようになりました。最初の1カ月間無料で体験いただけます(初回限定)。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン