武田・NECなど、新型肺炎でテレワーク推奨広がる

2020/2/17 17:11 (2020/2/17 21:37更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎の国内での感染拡大を受け、企業の間で従業員に対してテレワークや時差出勤を推奨する動きが広がってきた。武田薬品工業やNEC、KDDIは17日、国内で勤務する従業員に対し、在宅勤務などを勧める通知を出した。NTTグループも同様の対応をしており、従業員の移動中や勤務中の感染を予防する。海外への渡航見送りを求める動きも出ている。

武田は国内の全拠点の5200人超の従業員を対象…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]