日立系、庫内どこでも急速冷却 大容量冷蔵庫

2020/2/17 17:00
保存
共有
印刷
その他

日立グローバルライフソリューションズは庫内全体に急速冷却の機能を取り入れた大容量冷蔵庫を3月12日に発売する。一定時間、冷気の風量を増やし、棚のどこに置いても食材をすぐに冷却できるようにした。料理の粗熱を取ったり、弁当の熱を冷ましたりするのに利用できる。共働き世帯の増加などによる調理時間の短縮や手間の削減といった需要に対応する。

日立グローバルライフソリューションズは食材の急速冷却ができる冷蔵庫を発売する((左)からクリスタルミラー、ファインシャンパン、クリスタルシャンパン、クリスタルホワイト)

食材を短時間で冷やすことができる「クイック冷却」機能を新しく搭載した。庫内の操作パネルで設定すると、冷気の量を一定時間増やし、早く冷却することができる。鮮度が長持ちするチルド機能も庫内全体に搭載した。

棚スペース全体をセ氏約2度に、湿度を約80%に保ち、食材の傷みを防ぐ。冷蔵庫に求めるニーズとして、食品の鮮度保持が重視されるようになってきたことに加え、共働きや子育て世帯の増加から「時短」を求める声が高まっていることに応えた。

冷凍室を冷蔵庫の中段に配置する「まんなか冷凍」タイプの上位モデルのラインアップを充実させた。年間消費電力を抑えた設計の「HXタイプ」2機種(容量520リットル、同602リットル)と、通常の「HWタイプ」3機種(容量475リットル、同520リットル、同602リットル)を用意した。

カラーは白系のクリスタルホワイトなど4色をそろえた。店頭予想価格はHXタイプの520リットルが税別34万円前後、HWタイプの520リットルが同32万円前後。

当初月産台数はHXタイプが2機種合計で6500台、HWタイプが3機種合計で2万台の予定。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]