韓国総選挙、親日か反日か くすぶるGSOMIAの破棄論も

2020/2/17 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=恩地洋介】韓国で4月に実施する総選挙は、与野党が互いに「親日」「反日」のレッテルを貼り、攻撃し合う展開が予想される。革新与党は日本への強硬姿勢を示して支持を得ようとする傾向が強くあり、総選挙を前に、足元の日韓対立はその傾向を助長しかねない。選挙戦で与党が苦戦を強いられれば、文在寅(ムン・ジェイン)政権は再び、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を唱える可能性さえある。

与党支…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]