シャープ、5G対応スマホを今春発売 8Kカメラ搭載

2020/2/17 15:15
保存
共有
印刷
その他

シャープは5G対応スマホを今春に発売する(17日、東京・港)

シャープは5G対応スマホを今春に発売する(17日、東京・港)

シャープは17日、次世代通信規格「5G」に対応したスマートフォンを今春、発売すると発表した。約3300万画素の高解像度で動画撮影ができる8Kカメラを搭載した。高速・大容量の5Gを使って、短時間で8K動画を共有できるという。シャープは今後、スマホの5G対応を順次進め、2021年度中には主力シリーズをすべて5Gに対応させる方針だ。

大手通信事業者が今春から国内で5Gサービスを開始するのに合わせ、新スマホ「アクオス R5G」を投入する。R5Gには広角8Kカメラなど4つのカメラを搭載した。撮影対象や場面に応じて自動的に最適なカメラを選択して撮影する。5Gでは1分間の8K動画であれば約6秒でクラウド上などに共有することが可能という。

価格は未定だが、現状の旗艦モデルと同程度と見ており、10万円前後となるもようだ。5Gに対応したスマホはシャープのほか、ソニーや韓国サムスン電子が日本市場に投入する見通し。

同日記者会見した中野吉朗執行役員は「21年度中に主力の『アクオス』シリーズのスマホすべてを5Gに対応させる」との方針を語った。シャープが注力する8Kの市場は現在、プロ向けが中心だが、5Gが普及すれば「家庭でも簡単に撮影・編集できるようになる」(中野氏)。5Gが8K市場拡大の起爆剤になると見て戦略を強化する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]