/

この記事は会員限定です

保険代理店の破綻、繰り返された粉飾決算

企業信用調査マンの目

[有料会員限定]

生損保の代理店業務を手がけていたAIコーポレーション(旧T.F.K、東京・港)が2019年12月5日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。驚くべきことに取引金融機関の数が51にも上った。そして次々に粉飾決算が明るみ出た。粉飾決算を行う企業の多くは倒産で幕を引くが、そのたびに多くの融資担当者がやり場のない怒りに身を震わせることになるのだ。

企業信用調査マンの目

信用調査会社、帝国データバンクで企業の経営破綻を専門にする...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2555文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン