/

シリアで爆発、5人死亡 クルド勢力関与か

【カイロ=共同】シリア北部テルアビヤドで16日、車に積んだ爆弾が爆発し、シリア人権監視団(英国)によると、5人が死亡、8人が負傷した。トルコ国防省は敵視するクルド人勢力による犯行だと主張、関わった人物を拘束したと発表した。

テルアビヤドはトルコが昨年10月に侵攻して掌握した地域。犯行声明は出ていない。

トルコ国境に近いシリア北部などでは、侵攻を受けてクルド人勢力が撤退を表明した後、爆発による死傷者が頻発している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン