/

天皇誕生日の一般参賀、中止を発表 宮内庁

(更新)

宮内庁は17日、皇居で23日に行われる令和初の天皇誕生日一般参賀を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、不特定多数の人が集まる一般参賀でのさらなる拡大を防ぐ必要があると判断した。

一般参賀では還暦を迎える天皇陛下が皇后さまらとともに皇居・長和殿のベランダに立ち、午前中3回にわたって姿を見せられる予定となっていた。午後の宮内庁庁舎前での記帳も中止する。実施すれば皇居には数万人の人が集まると見込まれていた。

一般参賀は天皇誕生日と新年に行われる恒例行事で、今回の誕生日一般参賀は代替わり後初めて。1月2日に行われた新年一般参賀では、6万8千人が皇居を訪れ、祝意を表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン