/

相模原市の40代看護師が感染 80代死亡女性を担当

女性看護師の感染を発表する神奈川県の担当者(17日、神奈川県庁)

神奈川県は17日、新型コロナウイルスによる国内初の死亡者が一時入院していた相模原中央病院(相模原市)に勤務している40歳代の女性看護師が、同ウイルスに感染していたと発表した。県は院内感染の可能性が高いとしている。同病院は同日、外来の受け付けを休止すると公表した。

県によると、女性看護師は死亡した80歳代の女性が入院していた1~6日のうち、3日に看護を担当した。勤務中はマスクを着用していた。14日に発熱や頭痛などを発症。15日に新型ウイルス患者の濃厚接触者として検査を実施し、16日に感染を確認した。現在は平熱に戻り、自宅にいるが、17日午後に入院する方向で調整している。

女性は自動車か自転車で通勤していたという。県は「濃厚接触者の把握を含めた調査を行う」と説明している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン