ICT機器のレカム、新型肺炎で中国での営業活動停止

2020/2/17 11:10
保存
共有
印刷
その他

情報通信技術(ICT)機器の販売・保守などを手掛けるレカムは17日、新型肺炎の影響により中国での法人事業の営業活動を一時停止すると発表した。現地の日系企業の活動再開に見通しが立たないためで、当面は営業社員を他業務に従事させるなどして収益への影響を最小限にとどめていきたい考えだ。

レカムは顧客の給与計算やシステム入力作業などを代行するビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)も手掛けている。大連市と吉林省長春市にあるBPOの拠点では、移動制限などで従業員が出勤できないなどの影響が出ており、在宅勤務や他拠点で業務を補完するといった対応をとっている。両拠点は、今後も感染予防対策を講じることで稼働を継続する予定という。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]