能楽囃子方小鼓の大倉源次郎さん 伝統文化に育まれて
思い出の品々でたどる半生

カバーストーリー
2020/2/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 おおくら・げんじろう 1957年大倉流十五世宗家大倉長十郎の次男として大阪市に生まれる。7歳で初舞台を踏む。演目の最初から最後まで演じる「初能」は12歳。81年甲南大文卒、85年能楽大倉流小鼓方十六世宗家を継ぐ。パリやニューヨーク、ミラノ、サンクトペテルブルクなど海外25カ国で45公演以上に参加。2017年人間国宝に認定。

■祖父からもらった流扇

表に富士山、裏に薄(すすき)を描いた扇は、1965…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]