/

新生活楽しむトースター 得意技はクロワッサンやピザ

新生活にほしい調理家電 前編

トーストを焼くだけではない、技ありのトースターを紹介する

もうすぐ始まる新年度に合わせて、毎日を楽しくしてくれる調理家電を前後編で紹介する。前編で取り上げるのは新生活家電の定番トースター。今回は食パンはもちろん、それ以外のパンにも力を入れている製品を集めた。人気を集める生食パン、クロワッサン、フレンチトースト、そして番外編としてピザがおいしく楽しめるトースターの4機種だ。

冷凍した生食パンを窯から出したての味に/シャープ

ウォーターオーブン専用機「ヘルシオ グリエ AX-GR1」。実勢価格は2万9000円前後(実勢価格は2月中旬に家電量販店のネットショップで調査。税込み。以下同)

シャープの「ヘルシオ グリエ」は、一般的なトースターとは異なり、過熱水蒸気を熱源とするウォーターオーブン専用機。水蒸気をさらに加熱し、100度以上の過熱水蒸気が食材を包み込み、内部に適度な水分を与えながら温める。この仕組みにより、トーストの場合も、中をもっちり、外をこんがりに仕上げる。

使用前に水タンクに約40ミリリットルの水をセット。大量の過熱水蒸気が庫内に充満し、食材の内部までしっかり温める

最新モデル「AX-GR1」には、しっとりした食感で人気の「生食パン」がおいしく焼ける「ふわふわモード(弱モード)」を新たに搭載した。一度に食べきれず冷凍した生食パンも焼き目をつけることなく、窯から出したてのような食感に温める。さらに、冷凍したり乾燥したりしてしまった白パンやサンドイッチ用パンなども、ふわふわした食感に温め直すことができる。

たっぷりの過熱水蒸気が低めの温度でじっくり加熱し、買った時のふわふわ食感を再現する

パンだけでなく、揚げ物の温めなおしも得意。天ぷらやフライを表面はサクッと、中は熱々に温められる。余分な油を落としながら温めることで、電子レンジに比べ油分の摂取量が抑えられるという。カロリー量を抑えたノンフライ調理や、異なる食材を同時加熱するセットメニュー調理もできる。

バターの香りたつクロワッサン/バルミューダ

スタイリッシュなデザインとトーストの焼き上がりのおいしさで定評のあるバルミューダの「BALMUDA The Toaster」。公式オンラインストア価格は2万5190円(税込み)

庫内にスチームを充満させるスチームテクノロジーと、パンの種類に合わせて最適化した温度制御により、パンのおいしさを引き出すバルミューダの「BALMUDA The Toaster」。スチームを利用しパンの表面を薄い水分の膜で覆うことで、パンの表面を軽く焼きながら、内側に水分や油脂、香りを閉じ込める。

「トースト」「チーズトースト」「フランスパン」「クロワッサン」と、パンの種類に合わせてプログラミングされた4つのモードを搭載。ベーカリーの窯から出てきたばかりの風味を目指したという「クロワッサン」モードは、焦げ目がつかない温度帯で中までしっかりと温めた後、最後に少し温度を上げることで表面のサクッとした仕上がりを実現する。

表面を焦がさず中をふんわり温めることで、バターの香りとサクッとしたパイ生地を再現する(画像提供:バルミューダ)

密封断熱構造でふわふわフレンチトースト/三菱電機

一般的なオーブントースターとは一線を画した構造の三菱電機「三菱ブレッドオーブン TO-ST1-T」。実勢価格3万3000円前後

食パンの耳までふんわりした食感に焼き上げると話題になった三菱電機の「三菱ブレッドオーブン TO-ST1-T」。炊飯器で培った技術を生かした密封断熱構造を採用し、焼くと逃げてしまいがちな水分や香りを庫内にとどめる。食パン1枚の庫内サイズのため、上下ヒーターが効率よく熱を伝えるため、裏返さなくても両面にこんがり焼き目がつけられる。

上下にあるフラットヒーターの熱を「密封シール」と「断熱構造」で密封し、食パンに効率よく伝える

「トースト」「冷凍トースト」「トッピングトースト」「フレンチトースト」と4つのメニューを搭載。三菱電機によると特に評判なのが「フレンチトースト」モードだという。密封断熱構造を生かし、とろけるような食感に焼き上げる。

イタリア発でピザにこだわり/デロンギ

デロンギの「デロンギ ディスティンタコレクション オーブン&トースター EOI407J」。電気ケトル、コーヒーメーカーとシリーズでそろえられる。実勢価格1万4000円前後

デロンギの「デロンギ ディスティンタコレクション オーブン&トースター EOI407J」は、トースターとしてはもちろん、本格的なオーブンとしての多彩な機能を搭載している。独自のM字型ヒーターと1200ワットの高火力により、パンをむらなくカリッと焼き上げるほか、「オーブン」「グリル」「保温」と3つの調理機能を備え、オーブン料理やお菓子作りでも活躍する。

イタリアに本社を持つデロンギらしく、この「オーブン&トースター」をはじめ、同社のすべてのオーブンには「ピザストーン」が付属。ピザストーンを利用することで、表面はサクッと、中はしっとりした、石釜で焼いたような本格的なピザを手軽に作ることができるという。ウェブサイト「デロンギ・キッチン」では、料理家が監修したオリジナルレシピも掲載している。

粘土を1300℃の高温で焼き上げたピザストーン(手前右)。食材の水分と油分を程よく吸収する
オリジナルピザの一例。数種類のトマトをたっぷり使った「トマトだらけのピザ」

◇  ◇  ◇

新生活にほしい調理家電、後編のテーマは「コーヒーメーカー」。忙しい朝でも手軽にひきたての味が楽しめるカプセル式コーヒーメーカー4機種を紹介する。

田中真紀子
白物家電・美容家電を中心に、暮らしにまつわるモノやコトを幅広く取材、執筆するフリーライター。リアルな主婦目線で、日々の家事が楽しく快適になる家電の取り入れ方を積極的に発信する。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン