統合地銀の不当な金利上げ禁止 利用者保護へ法に明記

2020/2/16 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は統合・合併で融資のシェアを高める地方銀行が、取引先への強い立場を利用して不当に貸出金利を上げることを禁止する。法律に明記し、違反する地銀には業務改善を求める。収益環境が厳しい地銀は独占禁止法の適用除外として再編を促すことを決めている。金融庁は再編を後押しする一方、金利を監視して利用者保護を徹底する。

政府は特定地域における地銀の合併を独占禁止法の適用除外とする特例法案を通常国会に提出する予…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]