タンザニア準高速鉄道、三井物産のレール納入で保険

2020/2/16 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タンザニアで建設が進む準高速鉄道計画に官民が参画する。三井物産が日本製鉄のレールを納入する。政府系の日本貿易保険(NEXI)は内乱や不払いなどで資金が回収できなくなった際の損失をカバーする保険を引き受ける。

計画はタンザニア政府が主導し、インド洋に面した都市ダルエスサラームから北部のムワンザまで全長1219キロメートルを最高時速160キロメートルの準高速鉄道でつなぐ。その一部を三井物産が…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]