/

この記事は会員限定です

脱米依存へ強い欧州 仏大統領、独自の「核の傘」視野

戦略対話を提案、ミュンヘン安全保障会議閉幕

(更新) [有料会員限定]

【ミュンヘン=石川潤】各国の首脳・閣僚級が100人以上集まったミュンヘン安全保障会議が16日閉幕した。中東政策や多国間主義をめぐって米国と欧州の対立が深まるなか、マクロン仏大統領は米国に頼らない「強い欧州」の実現へ安全保障分野の戦略対話を欧州各国に提案した。フランスが保有する核兵器を利用した欧州独自の「核の傘」も視野に入れる野心的な内容だが、実現へのハードルは高い。

「すべてのパートナーとの戦略...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1325文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン