脱米依存へ強い欧州 仏大統領、独自の「核の傘」視野
戦略対話を提案、ミュンヘン安全保障会議閉幕

2020/2/16 19:30 (2020/2/16 21:29更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ミュンヘン=石川潤】各国の首脳・閣僚級が100人以上集まったミュンヘン安全保障会議が16日閉幕した。中東政策や多国間主義をめぐって米国と欧州の対立が深まるなか、マクロン仏大統領は米国に頼らない「強い欧州」の実現へ安全保障分野の戦略対話を欧州各国に提案した。フランスが保有する核兵器を利用した欧州独自の「核の傘」も視野に入れる野心的な内容だが、実現へのハードルは高い。

「すべてのパートナーとの戦略…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]