クルーズ船新たに70人感染確認 新型肺炎、計355人に

2020/2/16 12:49
保存
共有
印刷
その他

「ダイヤモンド・プリンセス」には55カ国・地域の多くの外国人が乗船している

「ダイヤモンド・プリンセス」には55カ国・地域の多くの外国人が乗船している

厚生労働省は16日、新型コロナウイルスの集団感染により横浜沖で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、新たに289人のウイルス検査を実施し、70人の感染を確認したと発表した。これまでに乗員乗客延べ1219人を検査しており、感染者は合計355人になった。うち重症者は19人。

加藤勝信厚生労働相は15日、当初は発熱やせきなどの症状がある人や同室者らに実施していたウイルス検査について、乗客全員に対象を拡大すると発表している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]